2004年07月27日

「幸せ」がお金で買えない訳

ひさびさすぎ。
もはや期待しないでくださいませ。
物理的に時間がないのです。


さて、最近イギリスの経済学者によれば、

「幸せは金で買えないが、幸せと感じて

 いる人は裕福になる傾向がある」



という結論にいたったそうだ。
つまりは、

「心の豊かさ=金銭的な豊かさ」


というのが統計学的に証明されたわけ。
また、この考えだと


「金持ち=幸せと感じている人」


という確率が高いわけで、逆に
おれ流に解釈すると


幸せを買おうとする(不幸せな)人はそもそも金がない
と考えられる。




ってことは、、、




つまり、
「幸せはお金で買えない」という言葉を訳すと












「幸せ」はお金で買えない。


 ⇒そりゃそもそも金がねーからだよ!








ということだ。








ネタモト
http://www.japan-journals.co.uk/dailynews/040726/news040726_1.html


posted by TaKu at 23:13| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月12日

美味しいプリンの食べ方

ひさしぶりに更新。暑いとだめだ。
恐らく夏は更新頻度が下がる。


先日横浜で有名な中華料理の料理長に会った。
そこで聞いた話。

美味しいプリンを食べるには、もちろんプリン自体の美味しさもあるが、それと同じくらいプリンの美味しい食べ方を知らなければならない、という話。

プリンを美味しく食べるためのポイントは2つ

@スプーンの薄さ
Aスプーンを入れる角度


@スプーンは薄ければ薄いほどよい。
 ま、これはお酒を飲む時のグラスと同じテクニック。
 舌の甘味と苦味を感じる部分のどこで感じさせるかの微妙な差。

Aここからが20へぇ〜。
 プリンを美味しく食べるポイントは薄く「削ぐ(そぐ)」ように
 食べること。プッチンプリンでもスプーンを縦に入れて立体的な
 固形を食べるのと薄く横に削いだ平面的なものを食べるのとでは
 まったく味が違うそうだ。

 実際そのお店のプリンは薄いナイフで削いだ紙のようなプリンを
 何十にも重ねて出している。いわゆるミルクレープのような感じで。

 スプーンの上にのったプリンが固形だとどうしても単調な味に
 なってしまうが何十にも重なったプリンはそれぞれが削がれた
 時に空気に触れる。空気に触れると微妙に味が変化する。
 それぞれの1片が変化するため、重ねて食べた時に
 味に深みが出る、、そんな理由のようである。


 実際に食べたら確かに違う。単純にプリンを食べるにしても
 深いんだな〜と関心。
 興味あるかたは、ぜひ実験してみてね。




posted by TaKu at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月30日

株主総会とブログと北海道


株主総会が終わった。
感想特になし。

以上


最近友人達が次々とブログを立ち上げている。

ちょーちょーちょーいい感じ
起業前旅行記・体験記

は定期的に見ていたが、

わたしのブラジル日記きゅーおーえる
なんかも見だした。各人個性があって面白い。

なぜかわたしのブログからのリンクが貼れない
ようになっているので、もうちょっと待ってね。


以上


先週末北海道に行った。
やっぱり北海道は飯が旨い。特に今回は大当たりだった。
特記グルメ事項

・北海道限定の某チェーン焼肉屋のラーメンがめちゃめちゃ
 うまかった。まじで。味噌ではなく鶏がらベース。
 ゴジョウゲンやスミレなんかより旨い。北海道行く時には
 紹介するのでぜひ。

・北海道の芸能界関係者に紹介してもらって「ラムシャブ」
 というラム肉のしゃぶしゃぶを食べた。
 
 これも絶品。生でも食べられるラムとのことで、生で食べたが、
 羊の臭みが全くないので牛肉と同じ感じ。しかも安い。
 北海道に来る芸能人御用達らしい。
 東京にはない新しいコンセプトだと思う。ぜひ。

・一灯庵(いっとうあん)という北海道スープカレー流行の
 発信のお店に行った。店は普通の住宅地の
 さらに奥まった場所にひっそりとあるお店。ここもうまい。
 
 小ネタだが、スープカレーはもともと札幌では一般的にあって、
 これを流行らせようと最初に仕掛けたのがAIR-Gという北海道FM。
 AIR-Gのスタッフで当時スープカレーマニアの某スタッフが
 発端らしい。

以上
 

posted by TaKu at 14:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月23日

東京の人口が半分になる日

最近、日本の出生率が下がったり、厚生省が出生率を2週間発表
を遅らせていたりが盛りあがっているが、私としては、インパクト
あると思ったのが、

東京の出生率が1.0を割りました。


http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20040611mh08.htm

ということは夫婦2人から1人の子供が生まれないわけで、
このまま続けば、数10年後には50%になる可能性がある。
つまり、東京には日本の人口の10%を締めるわけだから、
全体としては人口が5%減るってことらしい。

これ結構すごいことだと思った。
まじで。当然、少子化⇒需要の減少⇒経済の縮小。

これに対する日本の準備はできているのか?
といえば、できているような気がしない。
政治家のみなさん大丈夫だろうか?

短期的に消費税を増税しても、人口が減っていくわけで、
ざっくり

◎税収を増やす−法人税を増やす

       −個人税を増やす
         −1人あたりの税金を増やす

         −@そもそも払う人数を増やす


となるわけで人が増えないと1人あたり税金も限界あるわけだし、
法人税だってどんどん少なくなるわけよ。
しかも老人比率高まるわけだし。

そのあたりの超超根本的な部分の改善にもっと
国として具体的な投資をしたほうがよいと思います。

が、、

恐らく、リターンするのは今の政治家はみんな死んで
しまった後なわけで、なかなかこれほど長期的な視点で
合意を得るのは難しそうだな。


posted by TaKu at 14:40| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月22日

◎AV(アダルトビデオ)撮影



私のオフィスは山の手線某駅の目の前、
10F最上フロアにある。
その隣はこんなビルの屋上が見える。


屋上


このビルの屋上でなんとAVの撮影をして
いたらしい。

もちろんこのビルも某駅の目の前。
そんな屋上で野外プレイの撮影がされていたわけだ。

目撃した社員Aに聞いてみた。

====================

A:いやーなんか外みたら、男3人と女1人が屋上に
  あがってきたんすよ。

俺:で、で、どうしたの?

A:1人が見張りで出入り口に立って、残りの
  男1人と女1人が排風機のかげで絡みはじめました。
  それをもう1人が撮影してました。

俺:それで、、

A:よく見えなかったのですが、どうやら男性の
  ナニを女性が◎◎◎して、女性の頭が前後に
  動いているのが見えました。

俺:ほうほう(にやにや)!それからそれから、、


A:だんだんと盛りあがった2人は、、
  やっちゃったみたいっすよ。


俺:まじっすか?そりゃーすごいね。
  で、君はその時何してたの?


A:屋上で弁当食いながら見てました(笑)
  これがほんとの「オカズ」っすね(爆)


俺:黙。。


====================

これ、ほぼ実話です。
当然、弊社とは全く関係ありません。



ちなみに女性の顔は?








かわいくなかったそうです。
それでも、この話聞いてめっちゃ
悔しかった。



posted by TaKu at 17:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

誕生日をむかえて。


おかげさまで無事生まれて28年を迎えることができました。
たくさんの方から「おめでとう」のご連絡を頂きまして
どうもありがとうございました。

これまで誕生日って、結構わくわくの記念日だったのだが、
今年はこれまでと違ってほとんど意識することがありませんでした。
これも年齢のせいなのか、、それとも日々わくわくが多い毎日
を過ごしているからなのかは不明です。

よく「年をとる」といいますが、私個人としては「年を重ねる」
という表現のほうが適切と思っています。
そして、1枚1枚(1年1年)の厚さは、樹木の年輪のように
年によって違うと思っています。

皆さんのおかげで27歳⇒28歳という年は、非常に多くの
経験をさせてもらい、また知り合った友達も多く非常に厚み
のある1年だったと思います。

この28歳の1年も27歳に負けない厚みのある1年にしたい
と思いますし、また皆さんの1年も少しでも厚くなるように
協力できたらいいなと思います。

まだまだ未熟ですが今後ともどうぞよろしくお願いします。


posted by TaKu at 19:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

男と女のどちらが楽しみが多いか?


統計数理研究所の面白いデータを見つけた。

「もし生まれ変わるとしたら男性と女性どちらに生まれ
 変わりたいですか?」

この問いに、いつの時代も男性の約9割は“男”と答えるそうです。

一方、女性の場合は、45年前には“また女に生まれ変わりたい”
と答えた比率は27%程度だったのに、現在はその比率がなんと
69%にまで高まっているとか。さらに

「男と女のどちらが楽しみが多いか?」

という問いに対しては

男性回答”男のほうが楽しみが多い”と答えた割合が
当初70%⇒50%に落ち込んだのに対して、
女性が”女のほうが楽しみが多い”と答えた割合は
当初10%⇒56%になったそうです。
つまり、


男であることが楽しい<女であることが楽しい




という世の中に変わってきてるんです!

ビジネス的な捉え方をすると、
戦後の男尊女卑の考え方が崩れ、女性の社会進出と伴に
企業は女性マーケットの獲得に注力してきました。
マクロ観点でこの数字を見ると、近いうちまたこの逆転が
起き、男性マーケットが広がるターニングポイントが
くるかもしれないと思います。

その時にはなんらかの男性ビジネスのチャンスがある
かもしれません。






やっぱり俺は男のほうがよいですが。
理由は、、◎◎いろいろありますな(笑)


posted by TaKu at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月17日

忙しいと沖縄と子育て

週に3回書く目標だったが、最近のあまりの忙しさに書けなかった。
というのはただの言い訳。
だいたいの「忙しいから」というのは、

@思ったより時間がとられた要領の悪さ

Aそもそもそのための時間をおさえていなかった

が原因で結果自分が悪いのである。



反省します。


一方、書きたいネタはどんどん溜まりまくり。

今日は先日の沖縄出張関連。

まず、沖縄といえば方言。4,5年ぶりだが、以前に比べて
標準語が広がっている気がする。若者の標準語比率が高まって
いるのはやはりメディアの影響だろうか。

それでも「うちなーんちゅ」というかな〜り基本的な
沖縄弁がわからず、恥ずかしい思いをした。
意味は「沖縄県の人」という意味らしい。
これは普通にみんな使うので、対義語である
「やまとぅんちゅ」=沖縄県外の人とあわせて
憶えておこう。

もう1つ。これは沖縄と関係ないのだが、
いつも気になるポイント。飛行機や電車のなかでの
子供の泣き声。

ちょうど、行きと帰り近くに小さな子供を連れた
親子が乗っていた。行きの親子は最悪。
子供泣かし放題。親はビールのみながら「ガハガハ」笑ってる。

最悪。

おまえ、親だろなんとかしろよ!



とずーっと思っていた。
これと比べて帰りの親子は素晴らしかった。

子供が泣き出すと、すかさず子供にフォロー。
「もう少しがんばろうね〜」と声をかけるし、
ほんとに泣きそうになったらかるーく口を押さえたり、
子供のお菓子を与えたり。終始気を使っていた。

極めつけは着陸後席をたつときに、前後左右の
お客さんに「うるさくして申し訳ございません」
と謝っていた。

どちらも同じ年齢くらいのピュアな子供であったが、
彼らのそれぞれの将来が見えるように感じた。

親は子供を選べないのと同様子供も親を選べず、
前者のような親に育てられることで、その常識を
もった子供がその後どれだけのチャンスを逃す
だろうか、、と考えてしまった。

同時に自分も含めてこうした親をしかることが
できない大人達も情けないものだと思った。







子育てって大変だよね。
しかも子供あんまり好きじゃない。
意味が通じないから。

でも犬かってちょっと変わったかも。








posted by TaKu at 00:21| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

だめ男・だめ女診断マシーン発売


タク@深夜午前1時5分前。
週末の沖縄出張もあり、未読メールがあと数百通で、
半分睡眠状態。<TT>

現実逃避にさらっと書きます。
週末飲んだことや沖縄出張でのできごとはまた追って書きます。

ところで、バウリンガルでちょっと変わった玩具ブランドが
広がったタカラが今度はダメ男・ダメ女測定器、その名も

「だめんず・うぉ〜か〜♀(レディース)」
「だめんず・うぉ〜か〜♂(ボーイズ)」

を発売したそうな。
全国約1万人の男女に行ったアンケートをもとに、人工知能が
男女を各20種類の「ダメ男」「ダメ女」に分類するらしい。


興味がある方はこちら


関連で、このご時世か自分を知るマーケットが広がっているとか。
探偵に自分を備考させて、自分がどんな行動をしていたかを
綿密に報告させたり、それについてどう思ったのかを聞いたり、
自分についてのカウンセリングといったビジネスが成立している。

人とのつきあいに困ったり、人とうまく接することが
できなかったのか、またまた占いなどの延長上なのか、

どちらにせよ、だんだん自分のアイデンティティーが
わからなくなっていたり、自分に自信を失っている人
が多くなってきている気がする。



ま、俺には全く関係ないけど。



posted by TaKu at 01:10| Comment(5) | TrackBack(0) | へぇーと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月01日

謎の生物を撮影


チリで謎の人の形をしている生物が撮影されたそうだ。

Santiagoで警備隊の乗馬を10枚ほど撮影したものの
中に入っていたという。
CIFAE(チリUFO研究機関)に問い合わせたがこれまで
こういうケースはなかったとのkと。













ネタモト














まぁこういったたぐいの写真は毎回ぼやけていて、
今回も怪しいもんだと思いますが。。
posted by TaKu at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | へぇーと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。